トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

経済性分析

損得の計算

管理会計 」、「経済性分析」、「経済性工学」と言われている分野では、損得の計算が研究されています。 「損得の計算」というと、軽い感じもしますが、設備投資等の意思決定でも重要な部分です。

損得の計算は、計算対象の時間的な変化があったりするため、間違いがよくあるそうです。 「経済性分析」、「経済性工学」には、よくある間違いの研究もあります。

利益の計算

利益は、
利益 = 収益 − コスト
なので、利益を増やすには、収益を増やすこと、コストを減らすことの2つが有効です。 ただし、収益が増えても、収益が増えた分と同じだけコストが増えたら、利益は増えません。

損得計算の原則

損得の計算は、2つの原則に沿って進めると、間違いが少ないそうです。

埋没費用

予想が外れて回収不能になった費用を、埋没費用と言います。 埋没費用は、いったん忘れて、最終的な費用計算の段階で埋没費用分を差し引くと良いのに、 この費用を回収しようとして、無理な理屈を作って、損を重ねることが多いようです。

手余りと手不足

生産能力に対して、過剰に注文がある時を「手不足」、注文が足らない場合を「手余り」と言います。 注文は簡単に増えたり減ったりしますが、働く人の数は簡単には増やしたり減らしたりできないため、 手不足や手余りの状態が起きます。

損得の計算は、手不足の状態の時と、手余りの状態の時で結果が変わるため、 きちんと区別して計算する必要があります。

コスト

「コスト」は、誰でもわかっているようで、実はなかなか奥の深いものです。 考え方や計算の仕方を工夫すると、今まで見えにくかったものが、 お金という尺度で見やすくなったりします。

コスト分析のページ にまとめてみました。



参考文献

経済性分析・経済性工学

正しい意思決定のための経済性工学がわかる本 : 「どっちが得か」を数値化する技術」 橋本賢一 著 日本能率協会マネジメントセンター 2012
排反案 : どれかひとつを選択する状況。判断指標は絶対額(利益や原価)
独立案 : いずれの選択でも良い状況。指標は効率(売上高利益率や投資利益率)
混合案 : 排反案と独立案が混ざった状況。指標は差額の効率
この他に、埋没コスト、機会損失、損益分岐点、時間的価値の考え方について、身近な例も使って解説しています。


おはなし経済性分析」 伏見多美雄 編著 日本規格協会 2002
経済性分析のエッセンスが例題を使いながら、コンパクトにまとまっています。


経営の経済性分析 :意思決定を支援する管理会計」 伏見多美雄 著 白桃書房 1995
はしがきで、会計の分野では、意思決定のための会計が重視されていなかったため、 経済性の分析が重視されていなかったことを解説しています。


経済性工学の基礎 :意思決定のための経済性分析」 千住鎮雄・伏見多美雄 著 日本能率協会マネジメントセンター 1995
1章に経済性工学の必要性がよくまとまっています。




順路 次は コスト分析

Tweet