トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

SR (CSR)

SR(Social Responsibility・社会的責任)の名称が表すように、 SRの対象分野は広いです。 現在のSRには、 環境・品質・順法・労働・安全衛生・人権・情報セキュリティが含まれています。 SRは、 経営学 の骨格のひとつになるものです。

SRへの変遷 - 「環境」から「SR」へ

筆者は、環境問題への興味から、「日経エコロジー」を2002年頃から読んでいます。 下記の歴史は、SRそのものの変遷というよりも、 「日経エコロジー」のテーマの変遷と重なります。

公害対策

↓ | 公害問題が相次ぎ、公害防止が企業の責務になりました。

環境対応

↓ | 製造業を中心に ISO14000s 等の環境対応が始まりました。
↓ | 環境対応のアピールとして、
↓ | 環境報告書が発行されるようになりました。

CSRへ

↓ | 「環境」の概念が広げられ、
↓ | CSR(Corporate Social Responsibility
↓ | ・ 企業の社会的責任)に変わってきました。
↓ | 報告書も、CSR報告書という位置付けに変わってきました。

CSRからSRへ そして標準化へ

↓ | CSRをISOで標準化(ISO26000)する過程で、
↓ | CSRの「C」を取り、企業以外にも範囲が広がりました。

ISO26000

SRの ISO はISO26000です。

ISO26000の内容

SRを、世界の持続可能な発展に貢献させようとしています。

特に重要な部分は、7つの原則と7つの中核主題のようです。 7つの原則は、「説明責任」、「法を守る」等です。 7つの中核主題は、「人権」、「環境」、「消費者課題」等です。

ISO26000の意義

社会や企業では、「環境」を独立のテーマとして扱い、本業(本質)とずれたことが起きているではないでしょうか。 そのため、「環境」をSRのひとつの主題と定めた意義は大きいと思います。

また、このサイトのもうひとつのテーマである「品質」は、 ISO26000だと、「消費者課題」に含まれます。 尚、「消費者課題」には、製品だけでなくサービスの課題も含まれています。

環境は環境の担当、品質は品質の担当、人権は人権の担当、という風にバラバラだったものが、 経営の中心的課題である、SRという概念で統合されています。

ISO9001やISO140001との比較

過去に ISO9001やISO140001 のインパクトが強かったからだと思いますが、ISO26000はそれらと比較して、

という点が強調されることが多いようです。 ISO9001やISO140001は、SRのためのツールという位置付けになっています。



参考文献

ステークホルダーと、会社の利益の関係

管理会計がうまくいかない本当の理由 : 顧客志向で売上を伸ばす新アプローチ」 金子智朗 著 日本経済新聞出版社 2011
管理会計 の問題を挙げつつ、経営全般について、いろいろとコメントしている本です。 このページの下記は、この本でCSRに関わる内容について。
損益計算書は、ステークホルダーへの富の分配プロセスを示している。 現在は、一番下に来るのが当期純利益。当期純利益は株主のもの。 一番下にあると、株主の利益を最大化しようと特に思わなかったとしても、 これを最大化しようとする意思がはたらくようになる。
当期純利益の最大化は、株主以外のステークホルダーのためにはならない。 従業員が会社に不満があるような会社に、顧客が満足を感じる訳がない。 会社にとって重要なのは、まず従業員。 当期純利益の最大化は、人件費を削ることにもなりかねないが、これは従業員の不満になる。
・損益計算書は、中世に、貴族の利益を計算するために作られたもの。 その頃と変わっていない。 貴族が株主だった時代は、株主がその会社に対して思い入れがあったので良かったが、 現在は、金儲けだけが目的の、通りすがりの通行人のような人が株主になっている。


ISO26000

ISO26000:2010 社会的責任に関する手引」 日本規格協会 編 日本規格協会 2011
解説本ではなく、ISO26000そのものの、日本語訳です。 解説本には、歴史的背景等のいろいろな事が詰め込まれている本が多いようですが、 原文はページ数が多いものの、平易な文章で、シンプルです。


ISO26000を読む : 人権・労働・環境…。社会的責任の国際規格:ISO/SRとは何か」  関正雄 著 日科技連 2011
ISO26000の背景や内容が、著者の視点で書かれています。 課題解決には、「社会的連帯」を強めることが大事とのことです。


CSR

CSR入門」 小野桂之介 著 日本規格協会 2004
CSRの内容や歴史が、わかりやすく書かれています。


CSRと企業経営」 亀川雅人・高岡美佳 編著 学文社 2007
この本の拠り所は、「消費者がCSRや環境配慮製品を企業に求めるようになって来た。」という点です。

環境経営

環境経営入門」 岡本眞一 編著 日科技連 2007
環境経営に関わる様々な項目を、事典風にまとめています。 このサイトの項目と重なるのは、 環境経済学環境会計ISO14000シリーズLCA です。


環境経営の分析」 金原達夫・金子慎治 著 白桃書房 2005
諸説の展開の解説があります。


実践環境経営論」 堀内行蔵・向井常雄 著 東洋経済新報社 2006
環境経営には、ISO14001等の 環境マネジメントシステム (Environmental Management System・EMS)が必要で、 EMSにはリスクマネジメントが重要としています。 方法論として、 LCA・環境適合設計・環境ラベル・環境会計・環境報告書・環境情報システムが出てきます。 スウェーデンの環境NGO「ナチュラル・ステップ」の提言や、 デシモン=ポポフ=WBCSDの提言について


エコロジカルな経済学」 倉阪秀史 著 筑摩書房 2003
環境経済学 の本ですが、環境経営の重要性を指摘しています。


環境問題の経営学」 高橋由明・鈴木幸毅 編著 ミネルヴァ書房 2005
歴史や指標について触れた後に各論になります。 各論は、企業分析(リコー等)・ごみ問題(エコセメント)・NPOの運営課題等です。


環境格付けの考え方 −環境格付のステークホルダーと評価理論−」 環境格付プロジェクト 著 税務経理協会 2002
環境格付の意義や、社会的背景を論じてます。




順路 次は 規格とISO

Tweet