トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

マーケティング

マーケティングは、単に物を売ることのためでなく、 環境経済学 や、 社会心理学 で言われているようなことを、企業が実践する時の舞台になっています。 マーケティングは、企業の本業と CSR を結び付けるポイントのひとつです。

品質は、マーケティングとの関係で、あるべき姿が決まって来ます。 そういう目で 品質学 を眺めると、一応、品質学では顧客に渡った時の品質を議論するものの、 マーケティングの理解は一般常識程度しか、していないように思います。 品質学に限らず、CSRや環境問題を企業が考えていくのなら、 社会全体でのマーケティングの研究や評価は、まだまだ足りないと言えるかもしれません。

マーケティングとは

「マーケティング」と聞くと、製品の「広告」や「売り込み」のような印象があるかもしれませんが、 それだけではありません。 マーケティングでは、 デザイン 、販売、価格設定、 流通 を、幅広く一体的に考えます。

尚、マーケティングを勉強しようとすると、一般市民を相手にした商売(BtoC)をしている、 大企業の話ばかりを学ぶことになります。 世の中の多くの企業では、もっと違うマーケティングの考え方が必要かもしれません。


参考文献

マーケティング理論

管理会計がうまくいかない本当の理由 : 顧客志向で売上を伸ばす新アプローチ」 金子智朗 著 日本経済新聞出版社 2011
管理会計 の問題を挙げつつ、経営全般について、いろいろとコメントしている本です。 このページの下記は、この本でマーケティングに関わる内容について。
・マーケティングとは、将来の売上のために、現在において行う仕組みを作ること。
・高度な技術で作られたものと、売れるものは違う。
優良顧客へのアプローチ −  セグメントよりも、個々の顧客をターゲットにした方が焦点がはっきりする。 自社のファンを増やすこと。市場をシェアするのではなく、顧客をシェアする時代。 特定の顧客にアプローチするという方法は、小規模事業者が小さな範囲でやっている頃は良かったが、 ITを使って大規模にされるようになったので、 顧客は様々な企業からアプローチされ、迷惑な状況になっている。
アドボカシー・マーケティング − たとえ自分の利益にならなくても、顧客の利益のために行動する。 ソリューションビジネスも、このひとつ。 管理会計 で評価基準を作るとモチベーションになって、この行動を社員がするようになる。


最新マーケティング理論と戦略がよ〜くわかる本」 宮崎哲也 著 秀和システム 2006
環境分析( SWOT分析 やABC分析等)・価格戦略・流通戦略・プロモーション戦略 ・企業価値経営・消費者行動(消費者の認識と行動の関係の分析)の豊富な話題がコンパクトにまとまっています。 ABC分析とは、売上の パレート分析 です。


マーケティングのポイントがわかる本」 宮崎哲也 著 秀和システム 2007
上記の同著者の本と、だいたい似ています。 コトラー氏がマーケティング理論の最重要人物として紹介されています。
SWOT分析だと内部環境を基準にして外部環境を見てしまうということで、TOWS分析が提唱されています。


マーケティングと消費者行動」 大沢豊 編 有斐閣 1992
マーケティングの研究は、物の流れ・金の流れ・情報の流れの関係を研究するものだそうです。 自らの裁量で動かせる変数と、そうでない変数を分けることを第一歩としています。 平易な文章で体系的に書かれています。


CSRとマーケティング

コトラーのマーケティング3.0 :ソーシャル・メディア時代の新法則」 フィリップ・コトラー 他 著 恩藏直人 監訳 朝日新聞出版 2010
・1.0 :製品中心
・2.0 :消費者中心
・3.0 :人間中心
ということで、「マーケティング3.0」という段階を提唱しています。 「人間中心」というのは、商品を購入する人に消費者として関わるのではなく、 その人と共に企業が生きていく位の関わり合い方をすることを言います。 マーケティング3.0の目的は、「世界をよりよい場所にする」です。 収益性と CSR が両立するそうです。
・「企業が描くストーリーに消費者が参加する」
・「利益は後からついてくる。ミッションが先」
・「コーズ・マーケティング : 特定のコーズ(主張)を支援する」
・「貧困緩和のマーケティング(購買層としての貧困層の分析)」
グリーン製品(エコ製品)の普及の話もあるのですが、「本当にグリーンなのか?」と言った本質的なことには触れずに、 グリーン製品の促進を勧めています。
コトラー氏の主張は、「社会的責任のマーケティング 東洋経済新報社 2007」という本でも読みました。 コトラー氏のCSR経営は、社会的な問題への対応を企業が支援することを指しています。
「支援→ブランドの価値が上がる→収益が上がる」ということも、支援の効果として考えているようです。
支援も良いですが、本業そのもののCSRは視野にないようです。




順路 次は ブランド

Tweet