トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

社会心理学

社会心理学では、人間同士の関わりにおける行動の心理や、 集団の中での人間の心理が研究されています。

環境と人間の関わりの心理を扱うのは、 環境心理学 です。 社会心理学は、「人間」の部分の複雑さを扱います。 環境心理学はどちらかと言えば、個人の人間の行動を研究の対象にしますが、 社会心理学はどちらかと言えば、集団の人間の行動を研究の対象にしています。

環境問題のための社会心理学

社会心理学では、環境問題を意識した研究もあります。 環境問題のための社会心理学としては、 環境経済学 の中でも出て来る、「フリーライダー」と「社会的ジレンマ」の問題についての研究が多いです。

これらの環境問題は、環境と人間の関わりの問題ではなく、人間自身の問題です。 こういう問題には、社会心理学が役に立つようです。

フリーライダー

フリーは「ただ」で、ライダーは「乗る人」です。 フリーライダーは、「ただ乗り」とも言われることがあります。

フリーライダーとは、自分は何もせずに、他人の協力行動の恩恵を受ける、ずるい人の事です。

社会的ジレンマ

社会的ジレンマは、定義はいくつかあるようです。

社会的ジレンマとは、 個人的には、非協力を選択した方が得をするけれども、 社会全体としては、全員が協力すると良い結果になるような現象を言います。

ゲーム理論と社会心理学

ゲーム理論 は、生態学や経済学の研究手法として有名な理論です。 駆け引きやジレンマをモデル化して、数理的に調べる手法です。



参考文献

環境問題のための社会心理学

コモンズをささえるしくみ レジティマシーの環境社会学」  宮内泰介 編 新曜社 2006
・実際上、特定の市民しか参加できなかったものを、「市民の参加」と言えるのか?、等、 環境と人の関係の問題の焦点は、「環境に対して、誰がどんな価値のもとにどう関わるか」、という問題と、その社会的な認知と承認の問題。 「レジティマシー(legitimacy:正統性、正当性)とは、ある地域について、誰がどんな価値のもとに、どのように管理していくのかが、 社会的認知・承認を受けた状態。この本はレジティマシーの事例集。
・レジティマシー獲得の要素が、地域性、歴史性、シナリオ力、発言力、共同性・創造性、感性、当事者性。
コモンズの悲劇 が世の中に提示された後、 多くの研究者が調査してみたところ、レジティマシーの獲得によってコモンズの管理がうまくいっている事例が、たくさん見つかった。


人はどのような環境問題解決を望むのか −社会的ジレンマからのアプローチ」 大沼進 著 ナカニシヤ出版 2007
フリーライダー問題と社会的ジレンマの研究の本です。


環境と消費の社会心理学 -共益と私益のジレンマ」 広瀬幸雄 著 名古屋大学出版会 1995
環境問題への認知が少ないことが、具体的な消費行動に結びつかないとしています。 また、環境の変化と消費行動が、間接的な関係のため、消費行動の環境への影響がわかりにくいことも問題視しています。
1章が導入、10章が総括で、2〜9章が事例研究になっています。


環境行動の社会心理学 -環境に向き合う人間のこころと行動」 広瀬幸雄 編 北大路書房 2008
環境配慮の行動を普及させることを意図した内容です。教育的な内容が多いです。
「みんなで決める」 ⇒ 社会的ジレンマの解決へ
「我々感情を育む」 ⇒ 援助行動へ
「情報フィードバック」 ⇒ 行動と結果の関係の理解へ


社会的ジレンマの処方箋 -都市・交通・環境問題のための心理学」 藤井聡 著 ナカニシヤ出版 2003
社会的ジレンマの解決には、心理的方略と構造的方略の2つがあるとしています。
心理的方略は、個人の信念・態度・責任感・信頼・道徳心・良心に直接はたらきかけるものです。 構造的方略は、社会構造の変革です。 この社会構造は、協力行動の利益を増やし、非協力行動の利益を減らすしくみです。 社会構造作りには、フレーミングが大事としています。


環境配慮の社会心理学」 杉浦淳吉 著 ナカニシヤ出版 2003
環境配慮の行動を、普及させる方法の研究報告です。 この本の方法とは、”説得”です。
”説得”の方法を扱う本は、筆者にとって初めてでしたので、 最初は異次元の文章に見えました。 普及させるのは結構なことですが、違和感があります。


社会心理学の教科書

グラフィック社会心理学」 池上知子・遠藤由美 著 サイエンス社 2008
多くの研究を、コンパクトにまとめた良書です。
社会的認知(対人認知・社会的推論・態度・感情)、 自己(自己認知・自己評価・自己動機づけ)、 他者・世界との関わり(対人行動の人間関係・集団と個人・健康と幸福・文化と人間) 、という構成になっています。
「衡平モデル」というのは、自分の利益と他者の利益の「差」を、小さくしようとする行動だそうです。 こうすると、不満も罪悪感もなく、一番満足になるそうです。


社会心理学」 池田謙一 他 著 有斐閣 2010
「社会心理学」の範囲が広いです。社会学と心理学全般にわたっているのではないか、と思うほどです。 このサイトの、 認知心理学マーケティング の内容と重なるものもありましたし、文化、政治、マスメディア、対人関係等、多岐にわたります。




順路 次は 質的社会調査

Tweet データサイエンス教室