トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

グラフィカル分析

グラフは、データの様子を見るためにデータ分析の最初で使うこともありますし、 データ分析の結果を、わかりやすく人に伝えるために使うこともあります。

実務のデータ分析では、 ロバストな解析 の方法が便利ですが、 難しい数学を使ってロバストにするよりも、グラフで分析した方が、はるかに楽で、早いことがよくあります。

このサイトでは、グラフを使ったデータ分析を、「グラフィカル分析」と呼ぶことにしています。 データサイエンス の中では、 データリテラシー のひとつにもなります。

分析のポイント

折れ線グラフ分布のグラフ は、四角の枠の中にグラフを描きます。

「グラフの縦軸と横軸は、何にするのか?」、 「縦軸と横軸の範囲は、どうするのか?」といったことが、分析者の腕の見せ所となります。 これらの内容で、同じデータでも、グラフの説得力が変わります。

グラフの見方としては、「範囲の外は気にしなくて良いのか?」、「選ばれていない変数は見なくて良いか?」というあたりが、 チェックポイントになります。

グラフの種類



順路 次は 折れ線グラフ

Tweet