トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

3次元のグラフ

グラフソフトで、3次元の散布図を描いたり、立体的な凸凹形状をグラフを描くことはできますが、 グラフィカル分析 ではあまり役に立ちません。
三次元散布図 色分け

グラフィカル分析 という点では、立体を平面にしたグラフは、とてもわかりにくいです。 そのため、3次元のデータを直接グラフにするのではなく、見たい側面を切り出して、平面のグラフとして表現するのが基本です。 3次元から2次元への変換で手軽なものとしては、 ヒートマップ2次元散布図 を使って、ひとつの次元を色で表す方法があります。

3次元のグラフは、グラフィカル分析というより、「多次元を見ています」ということを示す方法として使うことはあります。 また、CAD(製図)や、バーチャルリアリティ(VR)では3次元のグラフ(どちらかと言えば画像) は必要ですし、VRとは行かないまでも、凸凹形状を感覚的に見たい時は、3次元の表現は役に立ちます。

RやPythonで描く

このページの3次元散布図は Plotly で描いています。 Plotlyはグラフをグルグル回すことができるので、3次元の分析に向いています。



順路 次は データリテラシー

Tweet データサイエンス教室