トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

特性の分類

特性とは、目的とする品質(目的変数や Y)に期待している性質のことです。 品質工学では、対象にしている品質について、特性の違いを考慮しています。

特性の違いの考慮の仕方ですが、 具体的には、特性の種類によってSN比の計算式が異なっています。 ( 特性とSN比の関係 を参照)

特性は、静特性と動特性に大きく分かれます。 静特性に分類される特性については、数理的な違いは、SN比の計算式だけです。 静特性と動特性の違いは、SN比の計算式もそうですが、 もっと根本的なところが違います。

静特性

Yの目標値が、特定の値を想定している特性です。 特定の値の目指す性質によって、分類されています。

望大特性

品質の値が、負の値ではなく、無限大を目標値とする特性 (大きければ大きいほど良い場合)

望小特性

品質の値が、負の値ではなく、0を目標値とする特性 (小さければ小さいほど良い場合。ただし、マイナスになってはダメ)

望目特性

平均の大きさがばらつきに影響する特性

(平均が大きくなると、ばらつきも大きくなる性質がある時、平均が大きくなった分の効果が差し引けるようになっています。)

ゼロ望目特性

平均の大きさがばらつきに影響しない特性
(平均値が一定値であることが目標になっている場合で、 必ずしも、その一定値がゼロでなくて良いです。)

機能窓

目的とする機能が得られる値に範囲があって、 範囲が広いほど良いとされる特性です。 範囲の上側を望大特性、下側を望小特性と解釈し、 望大特性と望小特性のSN比を同時に最適化することを狙います。

動特性

動特性とは、X(信号因子)によって、Yが変化する特性のことです。 実際的な言い方をすると、X を変化させることによって、 Y も変化するような現象を品質にしているケースが当てはまります。 例えば、車のブレーキの品質は、動特性です。 これは、踏み込む量(X)と、ブレーキの効き具合(Y)の関係があります。

「動特性が良い」とは、Xの値が変化しても、 それぞれのXの値に対して、期待するYの値が、確実に得られることを言います。 ブレーキの例で言えば、同じように踏み込んでもブレーキの効き具合が、 その時その時で違ったら危険なので、XとYの確実な数値関係が望まれます。 動特性の実験では、 制御因子と誤差因子の組合せ条件の中で、 「動特性が良い」条件を探します。

数理の詳細・応用・補足


順路 次は 静特性と動特性の違い

Tweet データサイエンス教室