トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

固有値解析

A-A型 の行列は、固有値問題として解く方法は、 主成分分析AHP で使われています。

固有値や固有ベクトルが、行列の特徴を表すものになっていることを利用しています。



参考文献

関係データ学習」 石黒勝彦・林浩平 著 講談社 2016
2章が固有値問題による対称行列のクラスタリング。 固有値解析を クラスター分析 の一種として説明しています。
主成分分析多次元尺度構成法 では、固有値解析が多次元を低次元で見る方法として使われ、 クラスタリングは、見た結果として人が解釈することになるので、あいまいさも持たせた分析ができます。 この本の方法では、 k-means法 を使って、はっきりと分けることを目指しています。 また、 数量化V類 のように、行列の行と列の位置を入れ替えて、行列の見た目でクラスタリングする方法も紹介されています。


順路 次は A-B型の分析

Tweet データサイエンス教室