トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

SPC(統計的工程管理)

SPCは、Statistical Process Control(統計的工程管理)の略です。 統計学 を利用する点が特徴です。 サンプリング の方法や、 平均値工程能力 を尺度として使うところに、統計学の考え方が入っています。

統計学を使うこともそうですが、 グラフを多用する点も、SPCの特徴です。 「工程の監視」や、「工程の見える化」の方法とも言えます。

SPCの有名な道具に QC7つ道具 がありますが、これらも統計学やグラフを利用しています。

尚、管理図による工程管理の部分だけが「SPC」と呼ばれることもありますが、 このサイトでは、「SPC(統計的工程管理)」を文字通り解釈して、問題解決の手段等も含めて「SPC」としています。

SQCとSPC

SQCは、Statistical Quality Control(統計的品質管理)の略です。 SPCは、管理図に軸足を置いたものを指すこともあるようですが、 SQCとSPCは基本的に同じものです。

火消しとモグラたたき

工程では、何かが起きれば対策に追われることになります。 対策に追われるような状況は、「火消し」と呼ばれます。 「火消し」を頻繁にしなければいけないような状況は、 「モグラたたき」と呼ばれることがあります。

「SPCは、火消しの頻度を減らす方法」と言っても過言ではないと思います。 定常時の工程解析異常状態の工程解析改善活動品質工学 があります。 これらの方法を実際に使う時に、データを見る必要があり、そこで統計学を使います。

改善活動

DMAICやQCストーリー 等を使いながら、 改善活動 を積み重ねることによって、 問題の起きにくい工程にしていきます。

改善ができたら、 標準 にまとめて、他の人でもできるようにまとめておきます。

品質工学

「工程の変化の影響を、製品が受けにくくなるような条件を探そう。」とか、 「製造を始める前に、設計段階で火が発生しにくい状態を把握し、制御できるようにしておこう。」、 という発想もあります。 このような発想は ロバスト設計 と呼ばれ、 品質工学 の中で検討されています。

品質工学は、SPCとは別物として扱われることがあります。 しかし、 統計学 を積極的に使いますので、品質工学はSPCの一手法としての一面を持っています。

SPCの手法


異常値の判定


順路 次は 定常時の工程解析

Tweet