トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

DMAICとQCストーリー

シックスシグマ には、改善の仕事の流れが考えられていて、”DMAIC”と呼ばれます。 Define(問題の定義)、Measurement(評価)・Analysis(分析)・Improvement(改善)・Control(定着)の5段階です。

ISO にもなっていて、ISO13053です。

日本では、「QCストーリー」の方が啓蒙されていますが、ほぼ同じです。

DMAICとDMADV

シックスシグマでは、改善のステップとして、DMAICとDMADVの2種類があります。

DMAICは、「こういう問題が起きているが、どうしようか?」、という時のステップです。

DMADVは、「こういう事を始めたいけど、どうしようか?」、という時のステップです。

QCストーリーでは、 問題解決型QCストーリーがDNAICと同じ目的で、課題達成型QCストーリーがDMADVと同じ目的で使われます。

DMAICやQCストーリーのメリット

DMAICやQCストーリーを使うメリットは、下記のようなものです。




参考文献

リーンシックスシグマ より早く確実に成果を出す最強の問題解決ツール」 眞木和俊 著 ダイヤモンド社 2012
改善のステップとして、DMAICの他に、DMADVも紹介されています。


順路 次は TQC

Tweet データサイエンス教室