トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

問題解決と課題達成

問題と課題は、日常用語としては同じ意味で使われることがありますが、会社の中の用語としては、明確に使い分けられていることもあります。 例えば、 QCストーリー には問題解決型と課題達成型があります。

問題は、現在あるべき姿と実際とのギャップです。 不良品の発生や、機械の故障などが入ります。

一方、 課題は、未来にありたい姿と実際とのギャップです。 新規の業務の実現などになります。

ただし、問題の解決策として、新規の業務を始めたいことがあるので、 同じことに対して、問題と考えたり、課題と考えたりすることがあります。 経験的には、問題と考える方が、進めやすいことが多いです。

問題解決や課題達成の中心にあるのは、起きていることや起こそうとしていることです。 問題解決と課題達成のためのデータサイエンス のページにまとめましたが、 データサイエンス は、それらを進める中での現状把握や要因解析の要所要所で、重要な役割を果たすことがあります。

スピード感

問題解決や課題達成に対して、「3か月から1年くらいのプロジェクト」という形がイメージされていることが、世の中では多いようです。

これは、問題解決や課題達成についての解説を公表している人が、コンサルタントのような立場の人の場合が多いことが原因と思います。 コンサルタントのような立場で、社外の人が参加する場合は、そのような形しかできないというのが実情のようです。

筆者の経験の範囲にはなりますが、会社の中で、「3か月から1年くらい」のスピード感(納期)が適切なテーマは、ごく一部です。

特に問題解決については、「今すぐ」、「今日中」、「来週中」、「今月中」、といったスピード感で、何らかの形で解決させる必要があるテーマが多いです。 補足すると、期間の短いものほど、多いです。 筆者の経験を元に、「このくらいの数値かな・・・」といった感じでまとめてみたものです。 ひとつの工場で現在進行中のテーマの数は、下図になります。
問題解決

プロジェクトの立ち上げを念頭に置いている場合や、 問題解決と課題達成の手順 を使うことを念頭に置いている場合、 データサイエンス を使うことを念頭に置いている場合は、こうしたスピード感にはなかなかなりにくいかもしれません。

一方、解決を急ぐからと言って、どんな解決策でもOKという訳にも行きません。 やはり、根拠は必要になります。

矛盾するようですが、根拠を得るには、 問題解決と課題達成の手順 や、 データサイエンス が必要です。 優先順位を付けることで、網羅性や完全性の精度を下げて、効率良くこれらを進めます。

スピードが求められるテーマであるほど、効率重視にします。

スピード感の身に着け方

最初は手順を確認しながらになりますので、3か月から半年くらいの期間をかけても大丈夫なテーマを、2、3件やってみると良いかと思います。

問題解決と課題達成の参考文献

このページや、このページの子ページの下の方には、参考文献をまとめています。

探してみて気付いたのですが、問題解決の文献の方が、圧倒的に多いです。 課題達成の方は、問題解決の中に混ざっていることが多いようでした。

課題解決

このサイトでは、「問題」と「課題」を意識して使い分けていて、問題は「問題解決」、課題は「課題達成」という言い方をしています。 この言い方は、QCストーリーと同じです。

世の中には、「課題解決」という言い方がけっこうあります。 筆者の知る限りでは、「課題解決」は、このサイトの「問題解決」の意味で使われていることが多いようです。



参考文献

MBA問題解決100の基本」 グロービス 著 東洋経済新報社 2018
産業界やコンサルティング業界で有名な方が残した言葉や、それに近い言葉を100個紹介しています。
組織の中で、実際に問題解決をしたことがある人には、目新しい内容はないかもしれません。 しかし、多くの人の意識の中にはあっても、言葉として表現されにくいことがまとまっている点が、この本の特長のように思いました。


フレームワークで問題を分析

フレームワークは、「問題解決のツール」として紹介されることが多いですが、 問題解決の手順 の段階で分類して考えると、現状把握と要因解析のツールの割合がとても多いです。


すぐに役立つ!問題解決手法の基本と活用法」 神谷俊彦 編著 アニモ出版 2020
問題解決のための、現状分析、発想法、意思決定法のフレームワークを紹介しています。
本全体の内容とは違いますが、問題解決のために占いを使う経営者は少なくないそうで、占いも方法のひとつとして知っておくと良いそうです。


わかる!できる! 図解 問題解決の技法」 橋誠 著 日科技連出版社 2019
アイディアをどんどん出したり、まとめたりするための様々な手法をわかりやすく紹介しています。


問題解決フレームワーク大全」  堀公俊 著 日本経済新聞出版社 2015
この本の「問題」の意味は、「会社で物事を前に進めたい時の困った事」、といった意味合いになっています。 このサイトでいうところの問題解決は、この本では「ギャップアプローチ」と言われるものになっていました。 ギャップアプローチは、「問題の特定」、「問題の分析(原因の特定)」、「解決策の立案」、「解決策の決定」の4段階になっています。
ギャップ、創造的、合理的決定、ポジティブ、対立解消、認知転換、ホールシステムの7つのアプローチに、様々な方法を分類しています。
ギャップ : ロジックツリー(系統図)、親和図、因果関係分析(相関分析)、ベンチマーキング
創造的 : 自由連想(ブレーンストーミング、マインドマップ)、結合発想、類似発想(NM法)、ブレークスルー思考(理想から考える)、 デザイン思考(共感から始める)
合理的決定 : プロコン(相反する意見を考える)、デシジョンツリー
ポジティブ : GROWモデル(目標に向かって進む)、アドラー心理学(行動の原因を、感情ではなく目的で考える)
対立解消 : 制約理論(思考の前提条件に焦点を当てる)
認知転換 : 質問会議(質問で問題点をあぶり出す)、ジョハリの窓(二人の知っているもの、知らないものを分類する)、 ABC理論(非合理的な信念(mustやshould)から合理的信念(may、can、will)へ)
ホールシステム : ワールドカフェ(メンバーを変えながら少人数で話す)


フレームワーク使いこなしブック 問題発見力・分析力・解決力がしっかり身につく」 吉澤準特 著 日本能率協会マネジメントセンター 2010
38種類のフレームワークと、EM法という問題解決のプロセスのフレームワークを紹介しています。 EM法は、段階がとても多いです。


戦略フレームワークの思考法 並列化・時系列化・二次元化で使いこなせる」 手塚貞治 著 日本実業出版社 2008
タイトルにもありますが、戦略フレームワークは、「並列化・時系列化・二次元化」の3種類に大きく分かれていることを知っていると良いようです。


図解基本ビジネス思考法45」 グロービス 著 ダイヤモンド社 2017
45種類の「○○思考」が7つに分類されて、体系的にまとめられています。 筆者なりに分類すると、、統計的、ニーズ、シーズ、といったキーワードに注意する思考法や、 全体を見たり、違う立ち位置から見たりなどの、物事の見方が重要な思考法が多いように思いました。




順路 次は 問題解決と課題達成の体制

Tweet データサイエンス教室