トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

データサイエンス教室

アンケート・感性評価

アンケート(Questionnaire)は、認識を調査したり、 心理尺度 を測るための方法です。 アンケートは、感性評価や官能評価と言われることもあります。

このサイトでは、 環境経済学CVM がアンケートによる方法ですし、 環境心理学 や、 リスク認知 でも主要な手法です。

良いアンケートをすると、良いデータが得られます。 データが得られれば、 統計学 や、 多変量解析 の出番になります。 基本的に物理尺度の方法を転用できますが、 アンケートの場合は 質的データ も多いので、 数量化T〜W類 を使うこともあります。

アンケート結果を左右する効果

アンケートは質問の仕方によって、回答を誘導することができてしまうことがあります。 いくつかの効果が知られています。

アンケートのデータサイエンス

SD法

セマンティック・ディファレンシャル法(Semantic Differential)のことです。 ある言葉に対する印象を測る方法です。
「明るい・暗い」のような言葉を両極端にして、 それらにどの位近いと思うかを、7段階等に分けて答えてもらいます。 7段階の場合、どちらにも近いと思わなければ、答えは「4」になります。

コンジョイント分析

コンジョイント分析は、 実験計画法マーケティング の分野で使えるように考えられています。 価格や機能の水準をいくつか決めて、それらの水準の組み合わせを実験計画法で計画して、最適な組み合わせを決める方法です。

一般的な理系の実験では、実験計画法で実験条件の組み合わせを計画して、 その組み合わせで実験、結果のデータYを得て、そのYを解析します。 コンジョイント分析では、「実験」の部分がアンケートです。 アンケートを取って、組み合わせを点数付けしたものが、Yのデータになります。

因子分析

因子分析 は、アンケート結果の解析法として、 よく使われる方法です。



参考文献

シリーズ[データの科学]」 朝倉書店
タイトルは「データの科学」になっていますが、社会調査が中心になっています。

アンケート調査」 根岸龍雄・飯渕康男 監訳 廣川書店 1992
言葉の使い方が中心になっています。 データ解析には触れていません。


すぐわかるSPSSによるアンケートの調査・集計・解析」 内田治 著 東京図書 1997
質問文の作り方と、データ解析の方法です。


アンケート調査の方法 −実践ノウハウとパソコン支援」 辻新六・有馬昌宏 著 朝倉書店 1987
アンケート調査全般にわたる手引書です。 時間やコストの話も出てきます。
「調査可能性の確認」というところがあって、 そもそも測れないものを質問していないのかについて、注意しています。 CVMの問題点は、こういうことだと思います。


質的データの解析 −調査情報のよみ方−」 上田尚一 著 朝倉書店 2003
アンケートデータの分析方法や解釈の仕方について。 安易な結論への注意等。 円グラフや三角図表に関わるデータの話。


心理学研究法 −データ収集・分析から論文作成まで−」 大山正・岩脇三良・宮埜壽夫 著 サイエンス社 2005
心理学の研究の方法として、 観察法・面接法・実験法・質問紙法(アンケートのこと)・SD法・反応時間測定法・ 心理検査法・精神物理的測定法・ 実験計画法検定分布回帰分析因子分析多次元尺度構成法数量化T〜W類 についてコンパクトにまとめた方法です。


Rによるマーケティング・シミュレーション」 朝野煕彦 編著 同友館 2008
コンジョイント分析が住宅のニーズの分析として出て来ます。 この本のコンジョイント分析では、アンケートの回答者に好ましい順に、組み合わせを並べてもらう事で、点数付けをします。 「点数」が「順位」のデータになります。




順路 次は 一対評価

Tweet