トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

東洋思想

このサイトでは、「東洋思想」という言葉を軽く使っていますが、「東洋思想」はあいまいな言葉です。

文献関係で、「東洋思想」と言っている時は、「中国の思想」の意味のことがあります。 筆者には、中国以外だと、日本的思想しかわかりません。 (ただし、風水関係で台湾や朝鮮半島の思想を少しだけ、触れたことがあります。) 東洋思想の範囲がよくわからないでいます。

東洋思想に並ぶものは、西洋思想です。 これはいわゆる近代科学のバックにある思想であり、 キリスト教の影響の強い思想だと思いますが、わかるようなわからないようなです。

世界は、東洋と西洋だけではないです。 そういう地域の思想は、どういうものなのかは、わからないです。 人口比で言えば、イスラム世界の思想もウェイトが大きいでしょうし、 面積比で言えば、アフリカ大陸の思想も大きいと思います。

東洋思想を扱う難しさ

陰陽五行説 や、 風水 は、実際に役に立つところに意義があります。 ところが、これらに深入りしようとすると、思想論の文献ばかり見つかります。 思想論は、キリがありません。 東洋思想が反映されつつ、思想論にはならないあり方を模索しています。

環境問題の思想論

一般的に、伝統的な西洋思想に対するものとして、伝統的な東洋思想が話題にされる場合は、 あくまで、比較が目的であったり、 「西洋思想が理解していないことを、東洋思想は大昔から扱っている。」と主張するだけだったりします。

東洋思想をグローバルな 環境思想 に持ち込もうというアイディアは、 多くの方が論じています。 しかし、「西洋思想が中心だが、東洋思想を含むことがある。」という感じです。 環境問題の思想論は、まだまだ偏っていると言えるかもしれません。

東洋思想にヒントを探す

「個別最適ではなく、全体最適」というのが良く言われます。 このサイトが目指すのは「全体最適の方法論」に近い感じですが、「全体最適」とは違うと思っています。 「最適」という言葉に、違和感があります。

身体の健康とは何でしょうか? 身体の健全さと、環境の健全さを同じように見るのが、陰陽五行説です。 このサイトのあり方のヒントは、陰陽五行説にあると思って良さそうです。

バランスの理論 のページは、そんな事を考えてまとめてみたものです。



順路 次は 陰陽五行説

Tweet データサイエンス教室