トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

標準化と管理の定着

問題解決の手順 では、対策をすれば良いのではなく、 標準化と管理の定着がその後にあります。

問題解決の失敗パターンと、管理の定着の目的

問題解決 が成功したように見えて、失敗するパターンには下記のようなものがあります。

管理の定着は、「数年後に再発(対策の作業をやらなくなっていた)」ということの防止のために実行します。

問題解決における標準化

ここで言う「 標準 」とは、社内のルールのことです。

管理の定着のために、標準を作成します。

標準は作って終わりではなく、標準の通りに実行するためのトレーニングや、標準が守られていることのチェックも必要です。

例えば、「1日で作業することが求められているのに、標準の通りに実行すると2日かかる」、等、 関係する動きと合っていない標準になってしまう可能性もあり、 標準の見直しが必要になることがあります。



順路 次は 課題達成の手順

Tweet データサイエンス教室